控除から学ぼう相続税!

未成年の相続税の控除があるのをご存じですか?紹介いたします。 - 未成年の相続税の控除について

更新情報

未成年の相続税の控除について

あなたは未成年の相続税の控除について知っていますか。
今回はその未成年の相続税の控除について紹介します。
未成年の相続税の控除は、相続人が未成年者の場合、相続税の額から一定の金額を差し引くようになっています。
未成年者控除が受けられるのは、財産を得たときに日本国内に住所がある場合です。
また、日本国内に住所がない人でも国籍を持っており、その本人もしくは死亡した人が相続開始5年以内に日本の住所を持っていたことがある場合は受けることが可能です。
日本国籍を持っていない人でも、死亡した人が国内に住所を持っていればそれも対象になります。
さらには、相続をするときに20歳未満である場合と、それらを取得した人が相続の放棄があったとき、その放棄がなかったものとなった場合の相続人は控除を受けられます。
trsthrst
未成年者の控除額というのはその未成年が満20歳になるまでの年数1年につき6万円です。
平成27年1月1日以降は年数一年につき10万円となります。
これに万が一、1年未満の期間がある場合は切り上げて1年と計算することになっています。
また、未成年者の控除額が相続税の額より大きく、全額が引ききれない場合には、その引ききれない部分の金額を扶養の義務者でである人から差し引く形になります。
年齢によって税がここまで変化するのは日常生活で感じることはほとんどないので、理解がしにくいかもしれませんが、未成年の方にとっては必ず知っていないといけないのできちんと理解しておくことをお勧めします。
税金の中でも相続税は複雑で対策においても専門性の高い知識と経験が必要です。税理士法人チェスターはお客様のニーズに応じた相続税申告をお手伝いします。

2015年1月の改正によりそれまでひとごとだと考えてきた方にも課税の対象範囲に入る可能性が出てきました。

今後ますます需要が増えていくのは明白ですが、現在税理士は所得税や法人税を主に取り扱う、つまり需要にあわせた人材が多く、相続・贈与を専門とする税理士は半数以上が国税庁のOBであるというのが実情です。

家族間のやりとりや相続相手、不動産など持ち上がってくる問題も大きく、ケースはさまざまです。その際に依頼側がほしいのは一般論より経験やノウハウのつまった具体的な助言でしょう。

誤った税金対策をしないためにも適切なアドバイスを受けなければなりません。そのためには相続税において総合力のある専門の税理士を選ぶことがだいじです。どれだけの経験と実績があるのかも選択の重要な条件です。

ここで紹介するのは「相続税申告のあすか」です。35年のキャリアと1万件の相談に対応してきた東京都千代田区の税理士事務所です。

収益を視野に入れた不動産の売買をはじめとした「節税」のためのアドバイス、相続確定後でも可能な節税対策など具体的なノウハウの一端を挙げるにとどまらず、分割の具体例などを図解入りで解説しているホームページをざっと見るだけでもエキスパートの自信が伝わってきます。

「税の便利帳」と題された相続に関する解説はこれから相続に望むかたに大いに参考になることでしょう。まずは無料の面談で現在の相続の心配などを相談し、感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

http://www.sbc-souzoku.jp/ http://www.hikari-supporter.com/souzoku/

アーカイブ